YURIKO美人エッセンス 成分その4 | サミットインターナショナル愛用者の声

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルなんて聞いた事もない!これがまたまたスゴイのよ(^-^)

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは脂溶性ビタミンC誘導体で安定性がよく、経皮吸収性に優れていて、生体内に吸収されると生体内酵素により遊離のL-ビタミンCとなり、ビタミンCのもつさまざまな生理機能を発揮し、皮膚のバリア機能も高める原料として開発された。

水溶性ビタミンC誘導体が短時間で皮膚に浸透するのに対して、脂溶性ビタミンC誘導体は持続的に皮膚内へ浸透していき、エステラーゼという皮膚内の酵素によってビタミンCに変換される。

脂溶性ビタミンC誘導体の特徴としては、肌への刺激が少なく真皮まで浸透するために、メラニンの生成を抑制し排出を助け、細胞を活性化させて新陳代謝を促進する効果が期待される。

水溶性に比べて即効性はないが、水溶性ビタミンC誘導体よりも皮脂膜や角質層への吸収率が高いという性質があり、効果の持続性も水溶性ビタミンC誘導体に比べて高いようです。高い濃度でも刺激が少なく安定性にも優れているなどの特徴も持っています。

保湿性も高く肌を乾燥から守る効果も期待できるので、敏感肌・乾燥肌の方や、大人のニキビ肌の改善に有効なビタミンC誘導体です。

というような事が化粧品の本に載ってました!成分がみんなスゴ過ぎ~!

YURIKO 美容エッセンス!益々、ファンになりました!14000円は安すぎ! 

カテゴリー: 口コミ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。